FANDOM


Servant
(VA: Tomatsu Haruka)
Dialogue
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Summoned

「こんにちは、愛らしい魔術師さん。サーヴァント、セイバー……あら? あれ?私 、セイバーではなくて……まあ。あの…… 源頼光 と申します。大将として、いまだ至らない身ではありますが、どうかよろしくお願いしますね?」

Good day, dear Magus-san. Servant, Saber... oh? What? I am not a Saber... my. Umm... I am Minamoto no Raikou. While I am currently much too flawed to act as a commander, I hope you will still treat me well.
RaikouSummoned
Leveling
Level Up 「やりました! 見ていてくださいましたか、マスター? 私、とても調子がいいです!」 I have done it! Were you watching, Master? I feel absolutely wonderful!
RaikouLevelUp
1st Ascension 「恥ずかしいですが……とても嬉しく思います。少しお転婆になってしまいますが、嫌いにならないで下さいね」 This is embarrassing... but I am very happy. I may have become slightly mannish, but I hope you do not come to hate me for it.
Raikou1stAscension
2nd Ascension 「まぁ! 良いのですか? 私がこのような……」 My, is this admissible? All of this, for me...
Raikou2ndAscension
3rd Ascension 「まぁ! また新しい戦装束。ふふっ、期待される、というのは嬉しいもの。私、ますます精進いたしますわ、マスター」 My, I have once again received a new battledress. Fufu~ ... it fills me with joy to be the recipient of your expectations. I shall continue to devote myself to you, Master.
Raikou3rdAscension
4th Ascension 「はぁ……ここまで強く、確かに、私を思って下さるなんて。嬉しいはずなのに、辛くもあります。私は、血に狂う牛の魔性。私のような女が、あなたの傍にいて許されるのでしょうか」 Haah... that your feelings towards me would be so assuredly strong... how bittersweet... I am the bloodthirsty Ox Demon. Is a woman like me truly allowed to remain by your side...?
Raikou4thAscension
Battle
Battle Start 1 「誅伐、執行」 I will now carry out the execution.
RaikouBattleStart1
Battle Start 2 「やり過ぎないよう注意しますね」 I will take care not to overdo it.
RaikouBattleStart2
Skill 1 「手遊びのようなものですが」 This is like child's play.
RaikouSkill1
Skill 2  「ご覧になってください」 Feast your eyes.
RaikouSkill2
Skill 3 「思い上がりましたねぇ」 You have grown conceited.
RaikouSkill3
Skill 4 「御覚悟、どうぞ」 Prepare yourself.
RaikouSkill4
Attack Selected 1 「承知いたしました」 I understand.
RaikouAtkSelect1
Attack Selected 2 「あらあらまあまあ」 Goodness me!
RaikouAtkSelect2
Attack Selected 3 「ええ、貴方の刃ですもの」 Yes, I am your blade.
RaikouAtkSelect3
Noble Phantasm Selected 「ご命令とあらば……この頼光、鬼になります」 If you should will it... then I, Raikou, shall become a demon.
RaikouNPSelect
Attack 1 「はっ!」 Hah! -
Attack 2 「せいっ!」 Sei! -
Attack 3 「痛いですか?」 Does it hurt? -
Attack 4 「むんっ!」 Hmm! -
Attack 5 「失せなさい!」 Begone! -
Attack 6 「はああぁ!」 Haaah! -
Extra Attack 「いざ――御免っ!」 I beg your pardon! -
Extra Attack 2 「ふふ……あははははっ!」 Fufu... ahahahaha! -
Noble Phantasm 「来たれぃ我が忠臣、我が手足、我が具足! 四天王なぞこれこの通り……。いざ! むんっ! せいっ! はっ! 『牛王招雷・天網恢々ごおうしょうらい・てんもうかいかい』!」 Come forth, my loyal retainers, my hands and feet, my armour... the Four Heavenly Kings are as you see before you. Now... hmm! Sei! Hah! Storm-beckoning Ox King ― Heaven's Vengeance! -
Noble Phantasm 2 「来たれぃ四天王。いいえ、牛頭天王の神使達。我が記憶の形を取りて…………参ります。『牛王招雷・天網恢々ごおうしょうらい・てんもうかいかい』!!」 - -
Noble Phantasm 3 「『牛王招雷・天網恢々ごおうしょうらい・てんもうかいかい』!……ふふっ、ははははは! 矮小十把、塵芥に成るがいい!」 - -
Damage from Noble Phantasm 「やりますね……!」 You fight well... -
Regular Damage 「くっ……!」 Ugh... -
Regular Damage 2 「ぐうっ……!」 - -
Defeated 1 「私ともあろうものが、恥ずかしい……」 To think that I of all people... how shameful! -
Defeated 2 「不覚……!」 I have failed...! -
Defeated 3 「またしても、敗れるとは……」 Once again, I have fallen... -
Defeated 4 「これは油断、ですからね……!」 I lowered my guard...! -
Battle Finish 1 「ふぅ……戦とは、やはり荒々しいものなのですね」 Phew... war truly is a brutal thing. -
Battle Finish 2 「お役に立てましたか? ――ふふっ、それは何よりです♪」 Was I of use to you? Ufufu... thank goodness. -
My Room
Bond Lvl 1 「私、バーサーカーなのですよね。このクラスでは、悪鬼羅刹と恐れられると覚悟していましたのに……至らぬ私と契約してくださり、本当に感謝しています。戦いはお任せください、マスター」 I am a Berserker... I was prepared to be feared as a man-eating fiend, as is customary of this Class. You have my deepest gratitude for forming a contract with one as flawed as myself. Please leave your battles to me, Master. -
Bond Lvl 2 「戦いが本分といえ、戦場よりは、こうしてお話をしている方が、私は好きですよ。だって、戦いは楽しくありません。虫のような敵を丁寧に潰していくのは、気が滅入ります」 While my duty lies on the battlefield, I much prefer talking with you like this. After all, there is no enjoyment to be derived from battle. Crushing my enemies as I would an insect can be quite depressing. -
Bond Lvl 3 「あの……その、ですね……。私達も、互いをよく知りあったので……。そろそろ、マスターではなく……あなた、と呼んでいいかしら?」 Umm... excuse me. We have become quite acquainted with one another, have we not...? May I begin... referring to you not as Master, but as my dear...? -
Bond Lvl 4 「ふふっ。どうぞ、こちらへ。お疲れでしたら、私の膝をお貸し致します。 源膝枕 みなもとのひざまくらです♪ 良かった……気持ちいいですか? ところでマスター。私、独占欲の強い女ですので、私以外にこのようなことをされては悲しみますよ?」 Fufu. Come hither. If you are tired, then I shall lend you my lap. Your very own Minamoto lap pillow... is it to your liking? On that note, Master... you should know that I am quite the possessive woman. It would sadden me to see you doing this with anyone else. -
Bond Lvl 5 「誓いましょう。マスター、私はあなたを我が子のように愛します。ですから……どうか、あなたも母を裏切らないように。そんなことになったら、私、何をしてしまうか分かりません」 I hereby vow... to love you as I would my own child, Master. Therefore, I implore you to never betray your mother. If that were to ever happen... I have no idea what I might do. -
Dialogue 1 「子どもは風の子、と申します。私もお供致しますから、何処かにお出かけしませんか?」 It is said that children thrive outdoors. Shall we go somewhere together? -
Dialogue 2 「マスター。……マスター。ふふっ、いいものですね。将としてではなく、ただ一人の女として誰かに仕えるというのは、たいへん新鮮です」 Master... Master. Ufufu... how lovely. It feels awfully refreshing to serve not as a commander, but as a single woman. -
Dialogue 3 「私と四天王のように、あなたと私も深く結びつき、一緒に語られる関係になれれば、と思います。……その、ご迷惑でしょうか……?」 I wish to forge a profound relationship with you built on words and trust, just as I once did with the Four Heavenly Kings... that is my hope. Would... that be a bother? -
Dialogue 4
(Sakata Kintoki (Rider) or Sakata Kintoki Berserkericon)
「まぁ金時! またそのように乱暴な振る舞いを……。ど、どうして逃げるのです? 母はあなたのことを想って言っているだけなのにぃ……。よよよ……。そんなに邪険にされると、泣いてしまいますぅ……」 My, Kintoki! You are as rough as ever... w-why are you running away? Your mother just has your best interests in mind. Boohoo... I might cry if you treat me with such disdain... -
Dialogue 5
(Shuten Dōji)
「虫の気配がしますね……。貧相な鬼の娘がぶんぶんと。まあ、目障りなこと。……ふふっ、大丈夫ですよ。潰すにしても、あなたや金時の目の届かないところで処理致しますから♪」 I sense an insect in our midst... a feeble little oni buzzing about ― such an eyesore. Fufu, fret not. Even if I were to crush her... I would dispose of her in a place where neither you nor Kintoki will find her. -
Dialogue 6
(Ibaraki Dōji)
「最近……マスターや金時に近よる、金色の虫がいると聞きますが……いいえ、そんなまさかぁ……ねえ?」 - -
Dialogue 7
(Miyamoto Musashi)
「その……別の私が大変ご迷惑をおかけしたようで……申し訳ございません、武蔵様。どうかお許しくださいませ」 - -
Dialogue 8
(Shuten Dōji)
「何です?蟲がこちらを見ないように。息をしないように。存在しないように。出来ないというなら、私が潰します。……はい?おおきに?何を言って……ああ、別の私と別のあなたの……。いいえ、それはこちらの私たちの与り知らぬことでしょう。……ですが、ええ、確かに。その節は、ご苦労様でした」 - -
Something you Like 「好きなもの……きんつばかしら? ……え? 食べ物の話ではなく? し、失礼しました! もう、私ったら恥ずかしい」 Things that I like... kintsuba, perhaps. Eh? You were not referring to food? M-My apologies! Oh, how embarrassing... -
Something you Hate 「嫌いなもの、ですか? 言うまでもありません。私が嫌悪するものは――唯一つ、愛するものに近づく悪い虫です」 Things that I dislike? It goes without saying. There is only one thing that I despise... wretched little insects that encroach upon those I love. -
About the Holy Grail 「聖杯への願い、ですか? やはり、母と子の愛に満ちた平穏な世が一番ですね」 My wish for the Holy Grail... I suppose a world brimming with maternal love would be best. -
During an Event 「あら、祭り囃子が聞こえてきませんか? 楽しそうです、行きましょう♪」 Is that festival music I hear? It sounds like such fun. Shall we go? -
Birthday 「んふっ どうぞこちらに、マスター。誕生日は家族で祝うもの、と聞きました。どうぞ遠慮なさらず、今日は私を母と思い、甘えてくださいませ」 Fufu, come hither, Master. I am told that a birthday is something to celebrate with family. On this day, please do not hesitate to think of me as your mother and allow me to dote upon you. -
Tenma's Marvelous Folklore - Onigashima
Dialogue 1 「鬼ヶ島にようこそ。歓迎致しますわ、異邦からのマスター様。どうか、楽しんでくださいましね?」 - -
Dialogue 2 「鬼退治は捗っておられますか? ふふっ、そうですか、結構なことです。鬼は一匹残らず、『ぷちっ』です♪」 - -
Dialogue 3 「え? 鬼退治のコツ、ですか? 簡単ですよ、最後まで気を抜かず、容赦なく仕留めればいいだけですもの♪」 - -
Dialogue 4 「戦況を知らせる 文 は大事なものです、こまめにお目を通されるべきかと。……いんふぉめーしょん、でしたか? ためになることばかりです」 - -
Dialogue 5 「まあ、こんなに血だらけになって……、やんちゃなんですから。大人しそうな顔して、隅に置けませんね。ふふっ♪」 - -
Dialogue 6 「めでたしめでたし、はもう聞いたはずでしょうに。鬼の宝物庫に忘れ物ですか?」 - -
Dialogue 7 「鬼退治、満足していただけましたか?その武功で得た金銀財宝は、当然の権利です。貰い忘れにはご注意くださいね」 - -
Dialogue 8 「ああ…鬼ヶ島が崩れていきます……けれど、今暫く私はここにおりますから、交換も、戦果の受け取りも、どうかお忘れなきよう」 - -
Onigashima Event Re-Run
Dialogue 1 「此度の鬼退治もまた、我等源氏の堂々たる戦いの一つ。ええ、ええ。一匹たりとも逃してはいけません」 - -
Dialogue 2 「鬼退治、一たび始めたならば最後まで。竃の奥まで丁寧に……あ、いいえ。この言葉は私ではなくて、確か綱が言い出したものだったような……」 - -
Dialogue 3 「異邦のマスター様、良いですか? 日々鍛錬・日々精進・日々鬼退治です。頑張ってくださいね」 - -
Dialogue 4 「お帰りなさいませ。さ、先ずはちゃんと、返り血を拭いましょうね」 - -
Dialogue 5 「あらあら、何でしょう。戦況のご報告でしたら、ええ、勿論お聞き致します。鬼退治の調子はいかがでしょう? キッチリ潰しておられますか?」 - -
Dialogue 6 「これにて、鬼退治は終いです。本当にありがとうございました、異邦のマスター様。どうか、お忘れ物の無きように」 - -
Dialogue 7 「全て、泡沫の夢のよう……お疲れ様でした。また、お会いしましょうね。貰い忘れはございませんね?」 - -
Dialogue 8 「さようなら、異邦のマスター様。ご縁があれば、またいつか……さ、お残しはございませんか? 財宝は全て手にされましたか?」 - -
Dialogue 9 「いらっしゃいませ。こちらでは、武功に応じた報酬を受け取る事が叶います。さぁ、貴方の武功は如何程でしょう?」 - -
Dialogue 10 「働きには褒賞を、奉公には恩を以て返す――ええ、ええ。当然の事ですとも。後の世の武士も、このように考えたそうですね。ですから貴方にも、相応の報酬を」 - -
Dialogue 11 「たっぷり鬼を屠ってきましたね。まぁ、なんと勤勉なのでしょう! うふふっ、金時や他の四天王もそうでしたが……貴方も、良い武士になりそうですね」 - -
Dialogue 12 「かしこまりました。では、こちらをどうぞ。ふふっ、また頑張ってくださいましね」 - -
Dialogue 13 「良いものをお選びになられましたね。どうかそれが、貴方の更なる力となりますように。さぁ、どんどん鬼を屠ってしまいましょうね」 - -
Dialogue 14 「はい、どうぞ。貴方のものです。大切に使ってくださいましな」 - -
Dialogue 15 「ここでの貴方の戦いは終わりました。ですが、次なる戦いの為に、武功はきちんと報酬に換えておきましょうね」 - -
Dialogue 16 「戦は終わりましたが、陣はまだ此処に在ります。さぁ、まだ受け取っていない報酬はございませんか?」 - -