FANDOM


Servant
(VA: Hayami Saori)
Dialogue
Disclaimer: Before adding Translations, Please leave a comment with source and proof of permission
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Summoned 「快楽のアルターエゴ・メルトリリス。心底イヤだけど貴方と契約してあげる。光栄に思いなさい?」
Leveling
Level Up 「いちいち面倒な手段を取るのね。まあいいけど」
1st Ascension 「完璧な私に変化なんて必要ないんだけど……そこまで言うなら、少しだけ付き合ってあげようかしら」
2nd Ascension 「無駄な努力、ご苦労様。満足?」
3rd Ascension 「貴方が欲しいのは、より強いお人形? それとも、新しい姿の私? どちらにせよ、その欲望は叶ったわね」
4th Ascension 「不愉快よ、とても不愉快だわ。あの、何一つ足りないものがなかった私の身体が、こんな風に変わるなんて。しかも、それが割りと嬉しいなんて。こんな身体にした責任、取ってくれるんでしょうね?」
Battle
Battle Start 1 「人間たちは懲りないわね」
Battle Start 2 「まとめてゼリーにしてあげる」
Skill 1 「あら、恐い恐い」
Skill 2 「貫いてあげる」
Skill 3 「ぶち抜いてあげる!」
Attack Selected 1 「ふんっ」
Attack Selected 2 「切り刻むわ」
Attack Selected 3 「やればいいんでしょ?」
Noble Phantasm Selected 1 「そう、思う存分ヤッていいのね?」
Noble Phantasm Selected 2 「蹂躙しろだなんて、たまらないわ!」
Attack 1 「見切れるかしら?」
Attack 2 アンドゥ!」
Attack 3 「楽しみましょ?」
Extra Attack 「ああ、たまらないわ!」
Noble Phantasm 1 「邪魔者にはそろそろ御退場願おうかしら? フフフッ、アハハハハ! 此れなるは五弦琵琶、全ての洛を飲み込む柱。消えなさい! 『弁財天五弦琵琶サラスヴァティー・メルトアウト』!!」
Noble Phantasm 2 「身も心も生きていた痕跡さえも溶かしてあげる。行くわよ、行くわよ行くわよ行くわよ行くわよ!『弁財天五弦琵琶サラスヴァティー・メルトアウト』!」
Damage from Noble Phantasm 「やってくれたわね…」
Regular Damage 「うっ…」
Defeated 1 「少しはしゃぎすぎたかしら……」
Defeated 2 「やるじゃない、私の経験値のくせに……」
Battle Finish 1 「これで終わり? 出直して」
Battle Finish 2 「歯応えがないにも程があってよ?」
My Room
Bond Lvl 1 「あまり近付かないで。貴方なんて、たった一回、まぐれで私を呼んだだけの仮のマスターよ。立場が上どころか、対等ですらないと知りなさい」
Bond Lvl 2 「アルターエゴは、人間を否定するように作られた。私たちは天敵と言う訳ね。もっとも、狩る方が私たちで、狩られる方が貴方たちの一方的な関係だけど」
Bond Lvl 3 「貴方も懲りない人間ね。私が怖くないの? 刃物のヒールに棘の脚、触れるもの全てを溶かす毒。兵器としての制圧力以外、貴方が求めるものはないでしょう?」
Bond Lvl 4 「言っておくけど、貴方を好きにはならないから。……ちょっと、この世の終わりみたいな顔をしないで。仕方ないでしょう。私の恋の在り方は、相手を傷つけるだけなんだから」
Bond Lvl 5 「はぁー。もうわかったわよ。私の負け、あなたの勝ちよ。こんなに我慢強い奴、あのひと以外に初めて見たわ。ほら、座って、馬鹿なマスター。今は少しだけ、その膝に座らせて」
Dialogue 1 「そろそろ経験値が欲しいわね。雑魚でもサーヴァントでもいいから私にヒールを振るわせなさい」
Dialogue 2 「契約をしている以上、貴方の命令は聞いてあげる。でも思い上がらないで。こんなもの、いつだって切り裂いてしまえるんだから」
Dialogue 3 「主従関係って……何を言っているの? 貴方と私は利害が一致しているだけ。それを忘れないことね」
Dialogue 4
(B B)
「BBもいるの? 私、アイツ嫌いなのよ。いい? 同じパーティになんかしたら後で思いっきりお腹に膝。だからね
Dialogue 5
(Passionlip)
「リップがいると面倒でしょう? あの子、鈍いし馬鹿だし口下手だし。でも、反省する機能はあるから。見捨てずに育ててあげなさい。貴方ならできるでしょ? それくらい」
Dialogue 6
(EMIYA)
「ふん、今更あんな男どうでもいいわ。どうでもいい、どうでもいいんだってば。……ああ、でも恋とは関係なしでシバきたいわ! 特にあのドンファン顔にツッコみたい!」
Dialogue 7
(Tristan)
「円卓一の美男子? あぁ、トリのこと? そう、あいつ円卓で一番だったの。ふむ……ま、黙っていれば欠点は出ないだろうし、声も悪くはないし。妥当な話なんじゃない? 私はあぁいうタイプ、イライラするだけですけど」
Dialogue 8
(Gawain)
「考えてみればあの騎士とはいつも顔を合わせるわね。誰って? ガウェインのことよ。少しだけデリカシーに欠けているけどリップの相手にしてはまずまず……いえ、ダメね。私より先にリップに王子様が来るなんてぜんっぜんダメ! 悔しいじゃない!」
Dialogue 9
(Orion)
「あの……マスター? 今、女神アルテミスがいた気がするんだけど……。いえ、気のせいよね。ちょっとガレージキット作りに没頭しすぎて目が疲れていたのよ。大体、アルテミスは私が尊敬する数少ない女神よ。それがあんな、だらしのない肉付きで、しかもぬいぐるみに夢中だなんて……嘘よ。じゃあ私も、いつかあんなバカップルになるっていうの!?」
Dialogue 10
(Hans Christian Andersen)
「あぁら、素敵な童話作家様までいるじゃない。こんばんは、ミスター・アンデルセン。ついに年貢の納め時ね。観念してあの底なしの性悪女に引導を渡してあげたら? ……え? 宇宙が滅んでもありえない? 私とワカメが和解するようなもの? チッ……痛いところを突くじゃない」
Something you Like 「好きなもの? そうね、趣味でいいなら教えてあげる。フィギュア。人形鑑賞よ。興味があるのならそこに座りなさい? 手始めに丸一日、じっくりレクチャーしてあげるから」
Something you Hate 「嫌いなもの? そんなもの、人間に決まっているでしょう。つまらない事を言わせないで」
About the Holy Grail 「聖杯? 興味ないわ。時間さえあれば、私だってあれぐらいできるもの」
During an Event 「イベントね。かき入れ時だわ! 行きましょ、マスター。踊らされるのはどうかと思うけど、私、こういう狩りは血が騒ぐのよ」
Birthday 「ふ~ん? 誕生日。よかったわね、一人でケーキでも食べていれば? ほら……そこに1つ、買い置きがあるでしょ?」