FANDOM


Servant
(VA: Sakamoto Maaya)
Dialogue
Disclaimer: Before adding Translations, Please leave a comment with source and proof of permission
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Summoned 「改めまして、よろしく。

 サーヴァント・レオナルド・ダ・ヴィンチ。  そうーーー今からは、きみだけのダ・ヴィンチちゃんというコトさ!」

-
LeonardoDaVinciSummon
Leveling
Level Up 「ナイス! 霊基の成長は喜ばしい。もっともっと〜」 -
LeonardoDaVinciLevelUp
1st Ascension 「恐ろしい……私は自分が恐ろしい! 霊基再臨をもってしても、私の外見は僅かとも変わらない! なんて完璧な設計なんだ……」 - -
2nd Ascension 「私はいつでも完全だ。万能だからね?でもまあ、やりすぎて損は無いよ」 - -
3rd Ascension 「言っても構わないよ?美しい....そうだろう?うんうんだって、そういう風に私は私を形作ったのだから、それは当然の感想だ。なのに、不思議だなぁ....当然の事なのに妙に嬉しいなんて」 - -
4th Ascension 「ん~ そりゃあ私は天才だからね。多くの人間に乞われ、求められたよ?でも、その~なんだ?ここまで一人の人間に求められたのは、間違いなく これが初めてみたいなんだ」 - -
Battle
Battle Start 1 「ダ・ヴィンチちゃん参上。さあ、万物の成り立ちを話し合おう」 -
LeonardoDaVinciBattleStart1
Battle Start 2 「戦闘結果は分かっているよ、数式のようなモノさ」 -
LeonardoDaVinciBattleStart2
Skill 1 「およそ私は万能なのさ」 -
LeonardoDaVinciSkill1
Skill 2 「どこから手を付けたものかなぁ」 -
LeonardoDaVinciSkill2
Attack Selected 1 「オッケー」 -
LeonardoDaVinciAtkSelect1
Attack Selected 2 「任せて」 -
LeonardoDaVinciAtkSelect2
Attack Selected 3 「ふっふーん」 -
LeonardoDaVinciAtkSelect3
Noble Phantasm Selected 「ん、本気を出せ……? よろしい、そのオーダーに応えましょう!」 -
LeonardoDaVinciNPSelect
Attack 1 「そーれ!」 -
LeonardoDaVinciAttack1
Attack 2 「まだまだ行くよー!」 -
LeonardoDaVinciAttack2
Attack 3 「盛大に行こうか!」 -
LeonardoDaVinciAttack3
Extra Attack 「レオナルドパーンチ! 芸術を知りたまえ!」 -
LeonardoDaVinciExtraAttack
Noble Phantasm 「東方の三博士、北欧の大神、知恵の果実……我が叡智、我が万能は、あらゆる叡智を凌駕する。『万能の人ウォモ・ウニヴェルサーレ』!」 -
LeonardoDaVinciNoblePhantasm
Damage from Noble Phantasm 「いいねいい……! とても……!」 -
LeonardoDaVinciDamage1
Regular Damage 「あいった!」 -
LeonardoDaVinciDamage2
Defeated 1 「しまった、一言足りなかったか……遺言は大切だよね……」 -
LeonardoDaVinciDefeated1
Defeated 2 「なんて面白い……! 私の計算を超えて行った……!」 -
LeonardoDaVinciDefeated2
Battle Finish 1 「もう終わりかい? 他にも試したい事があったのになー」 -
LeonardoDaVinciBattleFinish1
Battle Finish 2 「私を倒すものは、私を超える万能だけだよ。きみはちょっと足りなかったね」 -
LeonardoDaVinciBattleFinish2
My Room
Bond Lvl 1 「なんだいマスター? ……マスター、とこの私が誰かを呼びかけることになるとは思わなかったな。ふふっ。いや、でも中々に悪くない」 - -
Bond Lvl 2 「私が魔術を使うことが不思議かい? あぁ、そうだね。私は科学者や芸術家として知られているだろうからね。でも、考えてみて? 私が魔術を使うことは不自然ではないんだよ?」 - -
Bond Lvl 3 「私はおよそ万能だ。そのように私は出来ているし、そのように人々の望まれたものでもある。だから、ね? ダ・ヴィンチちゃんに不可能は概ねないんだ。魔術を行使することも、ね?」 - -
Bond Lvl 4 「きみをオーニソプターに乗せてあげたいなぁ。空飛ぶ機械だよ。ライダーのクラスで召喚されていれば、色々な物に乗せてあげられたんだけど……キャスターでの現界では、召喚に少し手間がかかるなぁ」 - -
Bond Lvl 5 「この姿でいるのを選んだのは、私自身。そのことを後悔したことはないし、するつもりもない。どうだろうマスター? きみにもしも好みがあるなら、その姿になることもできるよ? 胸とか、このくらいでいいかなぁ?」 - -
Dialogue 1 「世界を焼却させちゃいけない。だからきみは行く。私も寄り添おう」 - -
Dialogue 2 「私は誰かに仕えるという意識が薄くてね。だからきみをマスターと呼ぶのは、なんだか奇妙な感覚だ」 - -
Dialogue 3 「私にとってきみは……そう、生徒のようなものかな。無論、マスターとサーヴァントという関係性は理解しているけれどね」 - -
Something you Like 「私は、私が好きだ。この外観が好きだ。美しい……美しくあるように造ったのだから当然ではあるけれども。うふっ♡」 -
LeonardoDaVinciLikes
Something you Hate 「私は等しく全てを好んでいるけれど、あぁ……世界を焼却しようという輩のことは好きにはなれない。それはね」 -
LeonardoDaVinciDislikes
About the Holy Grail 「聖杯には興味があるとも。学術的探究心の対象としてね。願うこと? いや、それはあまりないかな。私は万能だからね。ただ、それでも願うとすれば……」 - -
During an Event 「面白そうなイベントだ。きみも参加するといい。喜びは、人生を彩る重要な要素の一つだからね。さらに具体的に言うと……ダ・ヴィンチちゃんショプにようこそ!」 - -
Birthday 「君が生命を得た日は、今日ではない。あくまで今日という日は、君が母体より産まれ落ちた日である訳だからね? 更に言えば、惑星の回転を暦として見た場合の日付と言うものに特別な意味を....いいや、うん。そうだね。誕生日 おめでと」 - -
Shop
Da Vinci's Workshop 1 「ようこそ、ダ・ヴィンチちゃんの素敵なショップへ。何がお望みかな?」
Da Vinci's Workshop 2 「準備は万端かい? 転ばぬ先の何とやらだ。荷物はちょっと多いくらいが良いと思うよ?」
Da Vinci's Workshop 3 「お望みのままに与えよう。もちろん、対価はお忘れなく」
Da Vinci's Workshop 4 「いらっしゃいませ〜。カタログは、こちらでございま〜す」
Da Vinci's Workshop 5 「いらっしゃーい! ささ、ずずいっと奥まで。退屈してたんだー、話し相手になってくれるかい?」
Da Vinci's Workshop 6 「お一人様ご案な〜い! ゆっくりしていってくれたまえ!」
Da Vinci's Workshop 7 「ダ・ヴィンチちゃんの素敵な工房にようこそ! 今日は何が、お望みかな?」
Da Vinci's Workshop 8 「交換交換、っと。さぁて、何をご所望かな?」
Da Vinci's Workshop 9 「まだ見ていくかい? 結構。私も張り合いがあるってものさ」
Da Vinci's Workshop 10 「取り返しはつかないものだ。扱いには気をつけてね?」
Da Vinci's Workshop 11 「マナプリズムと交換する? いいとも! では、今回の品物を紹介しよう!」
Da Vinci's Workshop 12 「塵も積もれば山となる。小さな作業こそ細やかに丁寧に…だ」
Da Vinci's Workshop 13 「君に、幸運がありますように。何かあったら、またよろしくね」
Da Vinci's Workshop 14 「ご贔屓のほど、ありがとうございま〜す! でも、聖晶石の補充は慎重にね?」
Da Vinci's Workshop 15 「おおー! このダ・ヴィンチちゃん秘密召喚システムを使うときが来ようとは! お客さん、貴重な『アレ』をお持ちなのか〜い……?」
Da Vinci's Workshop 16 「かくして、カルデアの英霊部屋は増えていくのであった。……はぁ、私も自分用の別荘とか欲しいなぁ」
Da Vinci's Workshop 17 「整理整頓のためにも、スペースは広めに取るべし。少し余裕があるぐらいが丁度いいよ?」
FGO Summer Festival 2016 (1st Anniversary) 1 「おかげさまで、ダ・ヴィンチちゃんのショップも1周年。これからも、豊富な品揃えでサポートさせてもらうよ」
FGO Summer Festival 2016 (1st Anniversary) 2 「1周年おめでとう! 私の工房も晴れて2年生だ。次の1年もよろしくね」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 1 「は〜い、ダ・ヴィンチちゃん交換出張店にようこそ〜。手稿は集まったかい? 本物だろうと偽物だろうと大歓迎さ。どっちにも、使い道はあるからね」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 2 「お疲れちゃ〜ん! うんうん、地道な回収作業こそ、大成への近道なのだねぇ。それじゃあ感服ついでに、いつもより豪快にいっとく?」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 3 「おかえりなさい、あ・な・た♡ 手稿は集まったかい? たっぷり? うんうん、大変結構。さぁ、じゃんじゃん景品を回してくれたまえ!」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 4 「おっと、私の景品交換システムに夢中になるのはわかるが、インフォメーションやお知らせにも目を通しておくように。割と馬鹿にできないからね、この手の基本情報ってやつは」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 5 「一等は、ハワイ旅行〜……とか、古いのかなぁ。古いんだろうなぁ。人理焼却を解決して外に出られるようになったら、その時は私とイタリア旅行とか、行ってみる?」
Da Vinci and The 7 Counterfeit Heroic Spirits Event 6 「楽しかったアイテム交換もおしまいだ。これまでのご贔屓、誠にありがとうございました~。ダ・ヴィンチちゃん出張店、これにて閉店でございま~す。アイテムの交換はまだやってるから、今のうちに済ませておくように」