FANDOM


Servant
(VA: Kanemoto Hisako)
Dialogue
Disclaimer: Before adding Translations, Please leave a comment with source and proof of permission
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Summoned 「エレナ・ブラヴァツキー、鮮やかに霊基を変えてみたわ!やってみると結構できちゃうものね! ……多分、何かの理由がきちんとあると思うのよね。コレ、本当はそう簡単にできるものじゃないでしょう?」
Leveling
Level Up 「ニャーフ! ふふっ、この水鉄砲、ホントに楽しいわ! よくってよ!」
1st Ascension 「マハトマチェーンジ! ふふっ、こんな姿になってみました。似合う? あたしが一番マハトマを感じやすい姿を想像したら、こういう風になったんだけど」
2nd Ascension 「マハトマを感じるわ。うーん、この霊基でもちゃんと感じるものなのね」
3rd Ascension
4th Ascension
Battle
Battle Start 1 「せっかくだもの。楽しまなくっちゃ!」
Battle Start 2 「いいわ。教育してあげましょう!」
Skill 1 「ちょっと休憩ね」
Skill 2 「喉、乾いてしまったわ」
Attack Selected 1 「任せて! とにかく撃つわ!」
Attack Selected 2 「ふふっ。うふふっ」
Attack Selected 3 「ニャーフ!」
Noble Phantasm Selected 「ええ、ええっ!よくってよ!」
Attack 1 「えいっ!」
Attack 2 「どうかしら!」
Attack 3 「これ楽しいわ!」
Extra Attack 1[1] 「マハトマチェーンジ! からの第三の光!」
Extra Attack 2[2] 「変身! そして第三の光!」
Noble Phantasm 「さぁて!進行方向に障害物!支援お願い!『金星神・白銀円環サナト・クマラ・ホイール』!!ひゃっほーう!」
Damage from Noble Phantasm 「なによ……それ!」
Regular Damage 「あっ!」
Defeated 1 「ちょっと……眠くなってきたわ」
Defeated 2 「ごめんね……ごめん……」
Battle Finish 1 「あー楽しかった! あなたはどう?」
Battle Finish 2 「あたしの勝利! マハトマの勝利!」
My Room
Bond Lvl 1 「一緒に遊んでくれてありがとう、マスター。ふふっ、まるで子供の頃に戻ったみたい」
Bond Lvl 2 「ニャーフ! マスターも一度使ってみる? んー、でもそうねえ、水鉄砲ではあるけれど出力が結構高いから、ミスタ・エジソンに専用の礼装でも設計してもらった方がいいかも」
Bond Lvl 3 「ふう、遊ぶのは楽しいのだけど、ずっとニャーフを撃ってると疲れちゃうわね。うふふ、思いっきり遊んだ後に疲れたなんて言っちゃうの、いったいいつぶりなのかしら」
Bond Lvl 4 「あたしと遊んでくれるのは嬉しいけれど、本当に大丈夫? 見た目はこんなでも、中身はおばあちゃまだもの。あたしといても、今時の子にはつまらないんじゃないかしら。……そう? 大丈夫?」
Bond Lvl 5 「プール! プールに行くわ! もしくは海! ふふっ、はしゃいじゃってごめんなさい。遊んでいる内に、あたしも童心に帰っていた気がするわ。あなたが付き合ってくれてるおかげね。ありがとう、マスター」
Dialogue 1 「お出かけするなら、クマラホイールでひとっ飛びよ!」
Dialogue 2 「ごめんなさい、実はクマラホイールって一人乗りなの。あ、あの二人の車両ならあなたも余裕で乗れるわよ。そうしましょうか!」
Dialogue 3 「何でも言ってね。この霊基のあたしは元の霊基のあたしよりちょっぴりワガママだけど、あなたがマハトマの事を知りたいなら、お話くらいするわ」
Dialogue 4
(Nikola Tesla) & (Thomas Edison)
「あ、また喧嘩してる! こらー! ……はい、よろしい。仲良くね。そんなに毎回喧嘩してると、エレナ困っちゃうぞー♡……って、なにその顔二人とも。じょ、冗談ですからね当然今のは! ちょっと返事なさい! 目逸らさないで! もー!」
Dialogue 5
(Sherlock Holmes)
「なあに、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして。なにか言いなさいな、ミスタ・シゲルソン。せっかくあなた向けに日本のことわざを言ったのに、無反応だと張り合いがないわ。ああ、もしかしてこの格好にびっくりしてる? ふふっ、肉体年齢に見合ったオシャレくらいはしないとね」
Dialogue 6
(Zhuge Liang (Lord El-Melloi II))
「あら、ごきげんよう、ミスタ・エルメロイ。ああ、ごめんなさい、Ⅱ世よね。うっかりだわ。やっぱり中身がおばあちゃまだとこういうことって多いのかしら。え? なに? 気のせい? サーヴァントは召喚時点から成長も老化もしない……ええ、もちろん分かってます。ふふっ、あなたはいつもそんな調子なのね。でも、いつも真面目なのって素敵よ。そうだ、今度お弟子の話を聞いてもいい? あたしもイェイツ君の話をするわ」
Dialogue 7
(Medea)
「ごきげんよう、魔女メディア。もし良かったら、その、またお話させてもらってもいいかしら? あなたとお話すると、とっても楽しくて勉強になるの!」
Dialogue 8 「ねえ、たまにはマスターと一緒にみんなでお茶でもしましょうか。あたしの移動研究室、まだマスターには見せた事なかったと思うの。え? 元の霊基の時、よく宝具で見てる? 違う違う、移動研究室は別にあれとは違うわよ?」
Something you Like 「ビューンと走るのって素敵ね。好きよ。ニャーフでバンバン水を撃つのも気持ちよくて好き!」
Something you Hate 「え、なあに?嫌いなもの? うーん、今は特にないわ。SPR? あーあー聞こえなーい! ふふっ、なんちゃって」
About the Holy Grail 「聖杯は、そうねぇ……割とマハトマかもしれないわね」
During an Event 「あら?また何かのイベント?よくってよ、この霊基のあたしは前のめりに参加しちゃうわ!」
Birthday 「ハッピーバースデーね! お祝いをしましょう! そうねぇ、アドヴァイタ哲学について、朝までじっくり語り合う……なんて、素敵じゃなくて?」
Dead Heat Summer Race!
Dialogue 1

エレナ:「ふうっ。結構体力使うのね、レースって」

獅子:「そんな時こそ、このエジソン特製のパワードリンクだっ!」

紳士:「それよりも、テスラ式筋肉マッサージはいかがかな?」

-
TeamETESummerRace1
Dialogue 2

エレナ:「こういうものは、順位よりも、どう自分が満足出来たかだと思うの」

紳士:「その通りだとも」

獅子:「そう! 重要なのは、エレナくんのストレス解しょ──ん、んんっ! なんでもないぞ」

-
TeamETESummerRace2
Dialogue 3

紳士:「絶好調! と言っておこうか」

獅子:「うむ。貴様に同意するのはシャクだが……ぜっ こう ちょう ! と言っておこう!」

エレナ:「ゆっくり休んで、次に備えましょう」

-
TeamETESummerRace3
Dialogue 4

獅子:「これはいかんぞ……牢獄に囚われるなどとは……」

紳士:「せっかくレースで彼女にストレス解しょ、ごほん! えほん、おほん!」

エレナ:「んん~、なかなか出来ない体験よね。これ」

-
TeamETESummerRace4
Dialogue 5

エレナ:「穴堀りって、結構それはそれで楽しいかもしれないわね!」

獅子:「我が直流に掛かれば、穴掘りなど簡単簡単!」

紳士:「交流ドリルこそ最強に決まっているだろ! どこまでも堀り進める」

-
TeamETESummerRace5
Dialogue 6

エレナ:「ずっと掘り続けるのも疲れちゃうし、休み休み行きましょうね。ふぅっ」

紳士:「おお。こんなところにクッションがあるぞ」

エレナ:「あらホント? 白くてフワフワで最高ね!」

獅子:「私だ私! クッションじゃない!」

-
TeamETESummerRace6
Dialogue 7

エレナ:「いっちば~ん! やったわね!」

獅子:「うむ! この調子で行けば、優勝も狙えそうだ」

紳士:「優勝間違い無しと私は言おう。何故ならば、神なる雷霆を地上に現し──」

獅子:「貴様が前に出て喋ってどうする、このパツパツスーツがぁーーっ!!」

エレナ:「まあまあ」

-
TeamETESummerRace7
Dialogue 8

エレナ:「ゴーールッ! スーッと行けちゃったわね。マスターに応援してもらったおかげかしら?」

紳士:「それもあるだろう。だが、我らの助力あればこそでもある!」

獅子:「うむ! 全くその通り!」

エレナ:「うっふふ。アタシたち、息ピッタリね」

-
TeamETESummerRace8
Dialogue 9

紳士獅子:「ゴォーーーールッ!!」

エレナ:「うわっ、ビックリしたぁ。二人とも仲がいいのね。うふふっ、よくってよ?」

獅子:「いや、その、今のは偶然というか……」

紳士:「言うな。我らの胸に秘めておくしかあるまい」

-
TeamETESummerRace9
Dialogue 10

獅子:「我ら三名の力をもってすれば当然ではあるが……穴掘りナンバーワンと言われても、実はあまり嬉しくなぁ~いっ!」

紳士:「くくっ、モグラだな。モグラライオンだな」

エレナ:「こぉーら、からかわないの。それに、穴掘りナンバーワンだって素敵よ?」

-
TeamETESummerRace10
Dialogue 11

エレナ:「えっ? アタシたちが一番穴掘ってたってこと?」

紳士:「なんと。つい本気を出してしまったがそうなったか」

獅子:「これが……直流の真の力、その一端だと言うのか。素晴らしい。これは素晴らしいことなのでは……!」

紳士:「はぁ~!?」

エレナ:「はーいはい。いちいちイライラしないの。喜びましょう? やったね!」

紳士:「ん、うむ。やったぞ!」

-
TeamETESummerRace11
Dialogue 12

エレナ:「ちょっと疲れたわね~。たくさん掘った訳だから、休みましょう」

獅子:「賛成である! ……んごごzzz」

紳士:「天才にも、休息は必要だな……ぐががzzz」

エレナ:「あら、二人とも立ったまま寝ちゃった。うふふっ、こんなに大きいのに、子供みたいね」

-
TeamETESummerRace12
Dialogue 13

エレナ:「優勝ね! まさか本当に優勝出来ちゃうなんて。出来たらいいなって思っていたのは本当だから、素直に喜ぶわ! わーい! やったーっ!!」

獅子:「見ろテスラ……エレナくんがこんなにも嬉しそうに──」

紳士:「ああ。我々の見たかった姿だ。まぶしい笑顔だ。どんな交流や直流よりもまぶしいぞ!」

獅子:「うん。どんな直流や交流よりもまばゆい、最高の笑顔だな……」

エレナ:「マスター、応援ありがとう! それから二人とも! 頑張ってくれて嬉しいわ! 好きよ♪」

-
TeamETESummerRace13
  1. If Helena is set to her 2nd stage, she will only say the 2nd half of her dialogue. This is due to Helena transforming to her 2nd stage when she is attacking with her extra attack, causing her not to say her "change" line. Having Helena in her 1st or 3rd stage makes her say the whole dialogue.
  2. Same as above.