FANDOM


Servant
(VA: Kawasumi Ayako)
Dialogue
Disclaimer: Before adding Translations, Please leave a comment with source and proof of permission
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Summoned 「サーヴァント、ライダー、アルトリア・ペンドラゴンだ。この私が来た以上、理想の生活を覚悟してもらおう。二度寝も運動不足も許さん。掃除・洗濯は徹底的にやる。りょり、料理も……できる範囲で、やってみせよう」

Rider Class Servant, Artoria Pendragon. Now that I am here, you'd best resolve yourself for an ideal lifestyle. I won't hear your calls for five more minutes or permit a lack of exercise. Cleaning and laundry are to be done thoroughly. Coo... cooking is... I'll show you what's within my capabilities.

Leveling
Level Up 「任せるがいい、メイドとしてのキャリアがアップだ。アイスを買ってこよう」

Leave it to me, I've risen in the ranks as a maid. Now let us buy some ice pops.

1st Ascension 「何だ? メイドがモップを持つのは当然だろう。こう見えても、聖剣級の万能モップだからな。ご主人様におかれましては、大人しく椅子に座って、様子を見ているがいい」

What's wrong? It's only natural for a maid to hold a mop. Even if it looks like this, it's a holy sword-class omnipotent mop. All that is needed of you, master, is for you to quietly sit back in your chair and watch.

2nd Ascension 「この服装も馴染んできたな。良いことだ」

I've grown accustomed to these garments. A good thing indeed.

3rd Ascension 「敢えて私から言おう。このコートに何か問題でも? メイドとは規律を守るもの。すなわち軍隊だと私は認識している。重ねて言うが、この武装に何か問題でも?」

Let me be the one to say it. Do you have any problems with this coat? A maid is she who presides over discipline, over law. Meaning I recognize them as a military force. I shall say it again. Do you have any problems with this outfit?

4th Ascension 「ここまで戦力が整うとは。感謝にたえない。最早敵なしだな、ご主人様。このセクエンスとモップがある限り、貴様には揺るぎのない勝利が約束されるだろう。それはそれとして、そろそろ深夜の買い出しタイムだ───ポテトの揚げ物と炭酸飲料の買い置きは十分か?」

To prepare your military might to such an extent... I cannot begin to express my gratitude. There is nary a foe to match you, my master. As long as you have this Secace and this Mop, you shall surely achieve unwavering victory. Putting all that aside, it's almost time for late-night shopping... is your stock of fried potato and carbonated beverage up to par?

Battle
Battle Start 1 「観念しろ。奉仕の時間だ」

Resign yourself. It's time for service.

Battle Start 2 「掃除・炊事・洗濯、好きなものを選べ」

Cleaning, cooking, laundry, take your pick.

Skill 1 「クールダウンだ。ちょっと待て」

I'm cooling down. Wait a moment.

Skill 2 「待っていろ。すぐに片付ける」

Stay where you are. I'll have this cleaned up.

Skill 3 「食べたアイスの数など覚えてはいない」

I remember not the number of ice pops I've eaten in my life.

Attack Selected 1 「了解した」

Understood.

Attack Selected 2 「ご注文でしたら、そのように」

If that is your order, so it shall be.

Attack Selected 3 「徹底的に、な」

Thoroughly.

Noble Phantasm Selected 1 「エンジンを回せ。処刑の時間だ」

Rev your engines. It's execution time.

Noble Phantasm Selected 2 「イエス、マイマスター」

Yes, My Master.

Attack 1 「そこだ!」

There!

Attack 2 「一掃する!」

I'll make a clean sweep!

Attack 3 「行儀の悪い!」

That's bad manners!

Attack 4 「どこが悪い!? そこか! そこか!」

Where is the filth!? Is it there!? Is it there!?

Extra Attack 1 「撃ち抜く」

Pierce through.

Extra Attack 2 「これが、夏のお手伝いさんだ!」

This is the summer helper!

Noble Phantasm 1 「逃がさん。水面を駆けるは不撓ふとうの魔弾。ロック! 『不撓燃えたつ勝利の剣セクエンス・モルガーン』!!」

You won't get away. Racing over the water's surface, this unwavering magic bolt. Take Aim! 'Secace Morgan'!

Noble Phantasm 2 「小癪な。メイドとは完璧なもの。一点のミスもない。ハートブレイク・モルガーン!」

How impudent. A maid is a perfect being. I leave no room for the slightest flaw. 'Heartbreak Morgan'!

Damage from Noble Phantasm 「ミトンさえ、あれば……!」

If only I had... my mittens...!

Regular Damage 「くっ」

Kuh.

Defeated 1 「メイドとも、あろうものが……」

For a maid such as I...

Defeated 2 「タイムカードは、押しておいてくれ……」

Clock out my time card for me...

Battle Finish 1 「またのお越しを。お客様ども」

Please come again. Dear customers.

Battle Finish 2 「清掃終了。メイド稼業も悪くはない」

Cleaning finished. The maid business isn't bad at all.

My Room
Bond Lvl 1 「ここまでの戦い、存分に見せてもらった。率直に言うと悪くない。流石は私を選んだマスターだ。だが慢心するな。マスター道は二年にして成らず。これからは私と共に、グランドの位を目指してもらおう」

I've taken the liberty of watching all your battles up to now. Cutting to the chase, you're not bad. As expected of the master I chose. But don't get too full of yourself. The path to true masterhood isn't built in two years. From here on, by my side, we shall set course for the Grand title.

Bond Lvl 2 「それにしても、私がサーヴァントとしてこの部屋に来てからの貴様の充実ぶりはどうだ。欠片のホコリもない窓枠、パリパリのシーツ、常に冷やされているアイスと炭酸飲料と冷凍食品、ふふ、正に完璧な奉仕と言えよう」

Even so, ever since I came to this room, have you been feeling fulfilled? Not a single fragment of dust, these crisp-white sheets, these constantly chilled ice-pops, carbonated beverages, and frozen dinners, fufu, this is truly what you call perfect service.

Bond Lvl 3 「アルトリアといえば聖剣。聖剣といえば私だが、このように飛び道具も使う。勘の良さ、目の良さなら円卓の誰にも引けは取らない。基本的に、斧と包丁以外の武器なら何でも使えるのが私だぞ」

When you think of Artoria, you think of the holy sword. When you think of the holy sword, you think of me, but as you can see, I can use firearms as well. When it comes to my intuition, and the sharpness of my eyes, I fall not short of any night of the round table. Generally speaking, I can make use of anything that isn't an axe or kitchen knife.

Bond Lvl 4 「休暇をいただこう、マスター。今日は一日オフにして、私は夏の海を楽しもうと思う。……何? 貴様も今日は休みだと? そ、そうか、偶然にしては出来すぎているが、私は気にしない。幸い、サンドイッチも多めに作っておいた。出かけるのなら、今日はきちんと着替えていこう」

I'm going to take a day of paid vacation, Master. Yes, I think I'll take the day off to enjoy the summer sea... what? You're also off today? I-I see, it's too well put together to be a coincidence, but I mind it not. As luck would have it, I made too many sandwiches anyways. If we're going out, I'll change into something proper.

Bond Lvl 5 「まったく、そろそろ一人前だと感心していたらこれか。ちょっと目を離していただけで、元の大まかマスターに戻るとは。これではいつまでたっても、私が面倒を見ていなければならないぞ。……うん?それはそれでうれしい……だと?まったく……まさか、ここまで手のかかるマスターとはな」

Good grief, right after I praised you for becoming halfway-decent, this is what I get? I take my eyes off of you for a second, and you return to being the same old master. At this rate, I'm going to have to look after you forever... Yes? You say that's fine in and of itself...? Good grief... to think you were such a handful of a master.

Dialogue 1 「特にやる事は無くても体は動かす。それが出来るマスターというものだぞ、ご主人様よ」

Even if you've got nothing particular to do, you must move your body. Only those that can do so may call themselves Masters, my master.

Dialogue 2 「私は貴様に仕えるサーヴァントだ。最強のメイドが、和やかマスターに首輪をつけて教育している、とイメージするがいい」

I am a servant in service to you. Picture it as the strongest maid putting a collar on her mild master and educating him.

Dialogue 3 「よき信頼関係は何物にも代え難い。私はそう思っている。私が厳しいのは、貴様を信じているからだ、マスター。今はぐうたらでも、いずれ必ず英国一のジェントルになるのだと。……迷惑か?」

A good relationship of trust cannot be replaced by anything. That is my belief. The reason I'm so strict is because I trust in you, master. Even if you're a good-for-nothing idler right now, I firm-heartedly believe you will one day become the finest gentleman in Britain... is that such a bother?

Dialogue 4
(Nero Claudius (Caster))
「劇場女がいるのか。派手好きなのは趣味ではないが、あの劇場だけは別だ。火力こそ正義。あのステージの様な洋館を、いずれは私も持ちたいものだ」

So the theater woman is here. Flashiness isn't to my tastes, but that theater alone is a separate story. Firepower is justice. A western construct like that stage is something I wish to own someday.

Dialogue 5
(Artoria Pendragon (Archer))
「なかなかのアーチャーがいるな。聖剣を水鉄砲にするという大胆さ。あの緑のマントと王冠の組み合わせもいい。ふっ、どちらが水辺の王に相応しいか、いずれ決着を付けねばなるまい。ところでマスター、あの英霊はどこのどなた様だ」

There's an archer of considerable caliber here. The audaciousness to stick the holy sword into a squirt gun. The synergy of that green mantle and crown is also splendid. Hmm, we will eventually have to settle who the true king of the waterfront is. By the way, Master, who is that Hero, and where do they come from?

Dialogue 6
(EMIYA (Alter))
「そこの二挺拳銃。そう、貴様だ黒アーチャー。同じオルタのよしみだ。ダイナーに行くぞ。どうせろくなものを食べていないのだろう。私のジャンクフードロードに付いて来られるか?」

Hey, guy with the two revolvers. Right, I'm talking to you, black archer. We're all fellow Alters here. Let's go to the diner. I'm sure you're not eating anything decent. Want to tag along for my junk food loading?

Dialogue 7
(James Moriarty)
「近頃のイギリス紳士は棺桶を背負っているのか。しかも中身は火薬庫の如しときた。ふん、いい趣味だ、プロフェッサー。ところで、おすすめのガンショップはあるか」

Do all English gentlemen carry caskets these days? What's more, the interior is loaded with a powder magazine. Hmm, You've got nice tastes, Professor. By the way, do you have any gun shops you'd recommend?

Something you Like 「好きなもの。アイスだ」

What I like is ice-pops.

Something you Hate 「嫌いなものは、そうだな、普段の私ならば考えもしないのだが、調理は難しい。つい作りすぎてしまう。まさか私が、ガウェイン卿と同類とは……」

What I hate, let's see. The usual me wouldn't even have to think about it, but cooking is difficult. I end up making too much. To think I was the same ilk as Sir Gawain...

About the Holy Grail 「聖杯か。願いをかける、という用途では信用できないが、容れ物としてなら興味がある。聖杯が無尽蔵の魔力を収納するのであれば、あるいはそれが、チョコミントだとしたら……」

The holy grail, eh? I cannot place trust in its utility of granting wishes, but if I'm to use it as a container, then I have some interest. Especially if you can harvest an inexhaustible supply of magic from it, especially if that can be converted to chocolate mints...

During an Event 「私はメイドとして貴様に仕えている。故に、職務の怠慢は看過できん。さあ、外に出て稼いでいらっしゃいまし!」

I faithfully serve you as a maid. Therefore, I cannot close my eyes to a negligence of duties. Now get out there, and get to work!

Birthday 「ハッピーバースデー、旦那様。……旦那様、という呼び方は可笑しいか? 特別な日だからな、寂しい貴様に気を遣ってやったのだ。察しろ」

Happy birthday, dear sir... does it feel strange to be called dear sir? It's a special day, so I was being mindful of a lonesome bastard like you. Read the mood.

Dead Heat Summer Race!
Dialogue 1

ネロ:「邪魔者をかっとばす! うむ、競争とはこうでなくてはな!」

アルトリア・オルタ:「同感だ。レースといえども加減はしない」

TeamTyrantShootingSummerRace1
Dialogue 2

アルトリア・オルタ:「レースに戻るぞ。早く乗り込め!」

ネロ:「ぬぅ、今度は余がサポートか? まあそれもよい。お手並み拝見といこう」

TeamTyrantShootingSummerRace2
Dialogue 3

ネロ:「なんということか……余は楽しい! やるではないか、冷血メイド!」

アルトリア・オルタ:「ふん。貴様もな、劇場女。味方にしておくのが惜しい程だ」

TeamTyrantShootingSummerRace3
Dialogue 4

ネロ:「ぬぅう~~! 何故余がこのようなことを……!」

アルトリア・オルタ:「手を休めるな。働かざる者、食うべからずだ」

TeamTyrantShootingSummerRace4
Dialogue 5

アルトリア・オルタ:「よく見ておけ。スプーンとはこう使う」

ネロ:「馬鹿な! 二刀流、だと……!」

TeamTyrantShootingSummerRace5
Dialogue 6

ネロ:「疲れた……余は湯浴みがしたい……」

アルトリア・オルタ:「外に出るまで我慢しろ。私も我慢している」

TeamTyrantShootingSummerRace6
Dialogue 7

ネロ:「任せるがよい! 余たちの勝利だ!」

アルトリア・オルタ:「邪魔者は実弾で排除する。レースの基本だ」

TeamTyrantShootingSummerRace7
Dialogue 8

アルトリア・オルタ:「我々の運転にブレーキはない。覚えておけ」

ネロ:「いや、さすがに余でもブレーキぐらいは踏むぞ? 貴様、もしや猪か?」

アルトリア・オルタ:「魔猪の話はするな……!」

TeamTyrantShootingSummerRace8
Dialogue 9

ネロ:「はしれバラよーバラのようにーつきのうみをーパドるパドる~♪」

アルトリア・オルタ:「ふんふんふーん ふんふんふーん……♪ ふんふんふん ふふーん……♪」

ネロ:「うむ、ノリノリだな、余たち!」

TeamTyrantShootingSummerRace9
Dialogue 10

アルトリア・オルタ:「壁を抜けたな。いよいよご対面だ」

ネロ:「うむ、貴様が先に出てよい。……余はちょっと、目がしばしばしている」

TeamTyrantShootingSummerRace10
Dialogue 11

アルトリア・オルタ:「ミッション・コンプリート。新しいスプーンを」

ネロ:「いい加減、スコップを密輸してもらうべきでは……」

TeamTyrantShootingSummerRace11
Dialogue 12

ネロ:「おお、光が見えた! 今回もなんとかなったな!」

アルトリア・オルタ「……すまない、寝ていた。メイドでも休憩ぐらいはする」

TeamTyrantShootingSummerRace12
Dialogue 13

ネロ:「ラストチェッカー、大義である! みな、ありがとう。ありがと――う! 冷血メイドよ、貴様も手を振らぬか! せっかくの凱旋だぞ!」

アルトリア・オルタ:「こ、こうか? ……何を笑っている。私とて空気は読むし、声援は素直に嬉しいぞ」

ネロ:「そうか、であれば余も嬉しい! ではいくぞ、せーのっ!」

アルトリア・オルタ:「あ、ああ。せーのっ、」

アルトリア・オルタ & ネロ: 「祝、完・全・勝・利!」

TeamTyrantShootingSummerRace13