FANDOM


Servant
(VA: Mamiko Noto)
Dialogue
Occasion Japanese English Audio
Summoning
Limited time available 「サーヴァント・アサシン。スカサハだ。環境に合わせて霊基をいささか調整してみたが……まあ、こんなもので構わんだろう。よろしく頼むぞ」 - -
Summoned 「サーヴァント・アサシン。スカサハ。ここに降臨だ。うむ、夏の装いという奴だ。それとも浜辺の装いかな?何にせよ、私が私である事には変わりない。よろしく頼むぞ、マスター」 - -
Leveling
Level Up 「この姿にも馴染むものだ」 - -
1st Ascension 「余分な物が無いせいか、動きやすいな。どうした? 目のやり場にでも困ったか?」 - -
2nd Ascension 「うん、悪くないぞ」 Indeed, it's not that bad -
3rd Ascension 「ああ、ようやく馴染んだぞ。これで今までよりはマシな戦いが出来るだろう。苦労をかけたな」 - -
4th Ascension 「この装いにも随分と慣れた。お主もそろそろ見慣れて来たか? ふふっ、そうでもなさそうだ」 - -
Battle
Battle Start 1 「私とて洒落はわかる。華麗に踊ってみせろよ?」 - -
Battle Start 2 「折角だ。ハメを外すか。見とれるのはいいが、無様に死ぬなよ?」 - -
Skill 1 「たまには上品にな? - -
Skill 2 「ふふふ……さあて」 - -
Attack Selected 1 「いいぞ、見せてやるとも」 - -
Attack Selected 2 「それもいいな」 - -
Attack Selected 3 「ははっ」 Haha~ -
Noble Phantasm Selected 「ちょっぴり、本気だ」 - -
Attack 1 「シャッ!」 Sha! -
Attack 2 「ははっ!」 Ha ha! -
Attack 3 「踊れ!」 - -
Extra Attack 「まだまだ、果てるなよ!」 - -
Noble Phantasm 影の国へ連れて行こう……。『グエ•ボルク•オルタナティブ』!」 - -
Damage from Noble Phantasm 「薄着の女に手荒いな……」 - -
Regular Damage 「そうだ!」 - -
Defeated 1 「オイルが……足りなかったか……」 - -
Defeated 2 「むぅ……年甲斐もなくはしゃぎ過ぎたか」 - -
Battle Finish 1 「踊り足りないな、これでは」 - -
Battle Finish 2 「もう終わりなのか? 全く、骨のない……」 - -
My Room
Bond Lvl 1 「私はお前の師ではない。故に五月蠅い事を言うつもりはないが……せっかくだ。浜辺で走り込みくらいしてはどうだ。気分がいいぞ」 - -
Bond Lvl 2 「心なしか、顔つきが精悍になってきたな。走り込みの成果か? ……いや、忘れてくれ。私はお前を鍛え上げるつもりなど無いのだ」 - -
Bond Lvl 3 「そろそろ遠泳といくか。良いものだぞ。果て無き海をどこまでも、力の限り泳ぎ続けるというのは。己の限界も良く分かる」 - -
Bond Lvl 4 「体力は備わって来たな。ならばいよいよ、走り込みからの遠泳だ。気を抜くなよ。趣向を凝らしてあれこれ用意してみた故、一歩間違えば命は無いと思え」 - -
Bond Lvl 5 「すまぬ……。すっかりお主を付き合わせてしまった。師と弟子ではないと、あれほど言っておきながら、危うくお主をクリードの餌にしてしまうところだった。……許せ。詫びに、今夜はこの膝を枕代わりにさせてやる」 - -
Dialogue 1 「少々焦れてきたぞ。いつまでも部屋に引きこもっているのはつまらぬだろう」 - -
Dialogue 2 「影の国を長らく統べては来たが、たまにはこうして息をつくのも悪くない。お主もな。いつも気を張っているだろう」 - -
Dialogue 3 「別段、私の弟子というわけでもなし、お主が多少気を緩ませた所で、私は何も言わぬ」 - -
Dialogue 4
(Edward Teach)
「近頃、背後からの視線を幾度か感じてな。だが振り返っても誰も居らぬ。『ババアがあの格好をしてたら危なかったでござる』などと幻聴まで聴こえる始末。余程気配を断つ技に優れた相手か、それとも私が鈍っているのか……」 - -
Dialogue 5
(Fergus Mac Roich)
「フェルグス。言いたいことがあるなら言うがいい。いつでも蹴り殺してやるぞ」 - -
Dialogue 6
( Cu Chulainn )
「セタンタ。話がある。お主、儂のこの格好について何か言っていただろう。いいや言っていた。ん? この儂に嘘をつくならば、覚悟は出来ていような?」 - -
Dialogue 7
(Medb)
「メイヴがな、この姿を見てからというものやけに突っかかってくるのだ。クーちゃんをたぶらかしてどうこうと。全く、幾年月を経ても相変わらず元気なものだ - -
Something you Like 「泳ぐのは気分が良い。まるで自分が一匹の小さな魚になったかのようだぞ」 - -
Something you Hate 「しかしアレだな。この姿でカルデアをうろついていると、男どもの視線がやけに突き刺さる。どの時代、どの場所でも変わらんものだ」 - -
About the Holy Grail 「聖杯?冷やした杯に酒を注げば、真夏の宴には相応しかろうな」 - -
During an Event 「古今東西、祭とは人を賑わせるものだ。せいぜい遊興に耽るといい。私か?私は好きにやるさ。来いというなら付いて行ってやらんでもないが」 - -
Birthday 「そら、なんでも言ってみるがいい。ある程度までなら叶えてやろう。祝い事も偶にはよいものだ。何を呆けた顔をしている?今日はお主の誕生を祝う日であろうが」 - -
FGO 2016 Summer Event
FGO 2016 Summer 1 「おぉ、完成したか。手作りも悪くなかろう」 -
FGO 2016 Summer 2 「ははっ、中々のものじゃないか。人間とはここから始めるものだな」 - -
FGO 2016 Summer 3 「どうだ。生きるというのは中々難しいものだろう」 - -
FGO 2016 Summer 4 「おぉ……なんかすごいことになったな!」 - -
FGO 2016 Summer 5 「ははははっ! 正直自分で提案しておいてなんだが、できるとは思わなかった」 - -
FGO 2016 Summer 6 「なんだか分からぬが、とにかく良し!」 - -
FGO 2016 Summer 7 「い、いらっしゃい……ませ? 慣れんな、こういう接客業は……」 - -
FGO 2016 Summer 8 「ふっ、エプロンでも着けておいた方が良かったか?」 - -
FGO 2016 Summer 9 「いつでも等価交換。魔術の基本だな!」 - -
FGO 2016 Summer 10 「全てが欲しいか? なら、サバイバルだ」 - -
FGO 2016 Summer 11 「そら、カタログを見るがいい」 - -
FGO 2016 Summer 12 「うむ。影の国ならぬ影の店へよくぞ来た!」 - -
FGO 2016 Summer 13 「しかし、そもそもなぜ私が接客しているのだろうな? ……分からん。謎だ」 - -
FGO 2016 Summer 14 「本日のオススメ商品だ」 - -
FGO 2016 Summer 15 「そら、どんどん交換していけ」 - -
FGO 2016 Summer 16 「いいだろう。貪欲にな」 - -
FGO 2016 Summer 17 「長きに渡ったサバイバルもおしまいだ。まぁ、大方収まるべきところに収まったというべきか。ともあれ、その艱難辛苦に報酬と言いたいところだが……何か欲しいものはあるか?このスカサハに、何でも言ってみるがいい」 - -